横浜港大さん橋国際客船ターミナル

更新日:

→ さて、レストラン「サブゼロ」からの続きですが、 
大さん橋国際客船ターミナルの上には屋上広場があったんですョ!

 
管理人は夜に行ったけど、昼間はこんな感じ。

 

屋上広場の愛称は「くじらのせなか」といいます。 
公募で決まったみたいだけど納得です。 
この広場の大きさは、約430m×約70m! 起伏もあるから実際に歩くともっとある。

 
管理人はまったく予備知識がなく 
「サブゼロ」がターミナルの中にあることすらも、 
当日知ったくらいだったので、 
広くて素敵な「くじらのせなか」には感動しました。

だってさ、食事も終わって中から出てきてさぁ

 

● 夜のいい時間帯なのに人が少ない! 
● 屋上の床は、ウッドデッキ仕上げ! 
● エッーというくらい広いひろーい! 
● もちろん横浜の夜景がさえぎるものなく見渡せます! 
● そして、灯りは少なめで暗ーい! 
  だからこそ、夜景がきれいに見えるし他人なんて気にならなーい。

 
 

さぁ、皆さん。 
食事もすると高いけど、ドライブがてらにでもいかがでしょうか? 
屋上広場と駐車場は24時間オープンです。

 

Let's「くじらのせなか」へ Go !

また、いってみよーっと。

よっしゃ、早速行ってくる! という方は、 
横浜港大さん橋国際客船ターミナルを目指してね。 
愛称「くじらのせなか」だと、まだまだ知られてないみたいです。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル概要 
(通称"大さん橋")

建物の長さ:約430m 
建物の幅:約70m 
建物の高さ(最高部):約15m 
構造・規模:地下1階、地上2階建て、屋上・鉄骨造 
全体床面積:約44,000m2 
山下側岸壁(A・Bバース):延長450m、水深12m、エプロン幅20m 
新港側岸壁(C・Dバース):延長450m、水深10~11m、エプロン幅20m 
渡船橋:4基 
建物設計者:アレハンドロ・ザエラ・ポロ氏 / ファッシド・ムサヴィ氏

■ 交通のご案内 
・みなとみらい線「日本大通り駅」下車徒歩約7分(3番出口) 
・横浜市営地下鉄/JR「関内駅」下車徒歩約15分 
・市営バス「県庁前」下車徒歩約5分 
・市営バス「大さん橋」下車徒歩約3分 
・首都高速横羽線 横浜公園ランプから約3分 
・首都高速湾岸線 新山下ランプから約10分

■ 施設ご利用時間 
RF : 24時間オープン 
2F : 9:00~21:30(ホール利用:9:00~22:00) 
1F : 駐車場24時間オープン

■ 駐車場のご利用料金 
普通車 
・1時間まで 500円 
・1時間30分まで 750円 
・1時間30分から24時間まで 1,000円

バス(マイクロ・大型) 
・1,000円/時間(要予約)

おまけ 
 
海側から見るとこんな感じ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-サイズブログ

PICK UP

Copyright© サイズブログ , 2018 All Rights Reserved.