日本最大級のハロウィンイベント「カワサキ ハロウィン」に初参戦してきた

更新日:

日本最大級のハロウィンイベント『カワサキ ハロウィン』(以下、カワハロ)に親子で初参戦してきました。去年まではスカイツリーハロウィンパレードや六本木ハロウィンパレードに参加していましたが、今年は息子の運動会の日程とかぶってしまったのであきらめかけていたんですが、運良くカワハロの追加100名の枠をゲットすることができました(参加費用は一人1,000円)

そんな経緯での参加ですが、うわさには聞いていた国内最大級の本気モードの方々が集まるハロウィン・パレードの感想を素人目線でご報告いたします。

ちなみに今年は川崎市初の新川通りという6車線の大通りを完全封鎖。参加人数は約2,200人、沿道には約12万人を動員という、国内最大級のハロウィン・パレード行進となりました。

カワサキハロウィン2018の開催概要

■名称 :カワサキ ハロウィン 2018 ハロウィン・パレード
■日程 :2018年10月28日(日)
■会場 :川崎駅東口エリア
■出演 :アオイ ヤマダ(ダンサー)、映画『カメラを止めるな!』キャスト・監督、CLUB HOLLYWOOD
(DJ)KING OF SWAG(ダンサー)、他
■内容 :全長約1.5㎞のコースを、ゴールへ向かう新川通りでは全6車線を完全に封鎖したカワハロ史上初の
試みに挑戦し、4つのテーマを設けた4隊列、総勢2,200名によるパレード行進

カワサキハロウィン エリアマップ

参加者の仮装・メイクのレベルが高い

いままで子供のハロウィン・パレードの付き添いだから仮装してみたレベルの世界しか知らなかったので本気の方々の仮装に感動!驚いたのがパレードに参加しない人も本気の仮装をしていたりして、異世界の住人たちが集う場所みたいになっていました。ジョナサンで食事をしたときもお客の9割は仮装した方々がお店を占拠。緑色の顔したガモーラが席待ちしていたり、ゾンビのカップルがお会計などなど、、、とても新鮮で不思議な光景を目にすることができました(自分も仮装しているわけですが笑)

親子でマーベルのキャラクター

毎年、息子の趣味にあわせて仮装しているんですが、今年はスターウォーズよりもマーベルのアベンジャーズがお気に入りということで、息子はスパイダーマンに変身!それも背中にスパイダー・アーム(通称ピンサー)の付いたアイアン・スパイダーです。

管理人はパパなので、スパイダーマンの保護者的立ち位置の「トニー・スターク」に決めました。映画「スパイダーマン:ホームカミング」や「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」を観た方なら、この二人のセット感がおわかりいただけるかと思います。でも、人気は息子の圧勝でした笑。

トニー・スタークは誰のコスプレなのか伝わっていなかったのかも。まぁ客観的に見てもサングラスが色付きだし大きすぎだし、チョイわる親父が歩いているようにしか見えない、、、

トニー・スターク(管理人)とアイアンスパイダー(息子)

その点、スパイダーマンは知名度も高いし見た目もわかりやすいからね。背中のアームに気づいて「アイアン・スパイダーだっ!」と言ってる声もチラホラ聞こえてきました。「あっ!トニー・スタークだっ!」という声は皆無だったね、、、くっ

一緒に撮影していただいた皆さま

スパイダーマンのマスクも背中のアームも外してしまっていますが、デッドプールとレディデッドプールのお二人が息子を見かけるなり手招いてくれました。ポーズもばっちり決まってます♪ 錆びた蓮の頭をしたお姉さんは異形な姿なのにどこかの世界に存在していそうな雰囲気。佇まいも美しくて惚れました。

仮面ライダーの方は道の真ん中にスッと立っていてプロという感じ。マスクをしているのに頭が小さく、脚が長くてめっちゃカッコイイ! スパイダーマンの方も本物みたい。もう帰り支度しているところでしたが撮影に応じていただき感謝でした。初めは恥ずかしがっていた息子も一緒に撮影できて喜んでいました。

これらの写真はハロウィンパレードが終わって、食事をしたあとに撮影しました。日も暮れたカワサキの街はハロウィン感がさらに増していて、夜は電飾のコスプレなんかも映えるし、これからのオトナな時間帯はまためっちゃ楽しいんだろうなーと思いましたが、息子がまだ幼いので、我々は早めに帰宅となりました。

ちなみに息子は帰りも元気で、まだ楽しみたいのか着替えないで帰る〜というのでスパイダーマン姿のまま電車に乗って帰りました。パパも付き合ってトニー・スタークのまま。サングラスは外したけども笑

今回、購入したもの

今回の仮装で購入したものたちです。この他、ダイソーなどで購入したものや、元々持っていたTシャツを利用したのでプライスレスなんてものもありますが、かかった費用はざっと計算すると管理人のトニー・スタークで1万円強。息子のスパイダーマンで5,000円弱といったところです。

管理人のトニー・スタークは胸のアークリアクターが光る仕様にしました。でも手持ちのTシャツを切り抜いたり、ペンでラインを引いたり、アークリアクターはネットの画像を元にプリントして貼ったりとかなり手抜きバージョンで済ませました。

雑ながらも手間がかかっているのは息子のほうで、購入したコスチュームをアイアン・スパイダー仕様にするため、型を作ってゴールドスプレーで塗装したり、アーム部分は100均で購入したプールスティック、アームを固定する部分は姿勢サポーター(100均で購入)やチョコエッグのカプセルなどの材料を元にチクチク手作りしたました。制作時間は2〜3日ほど(以前にスターウォーズのヘルメットを制作した時よりはラクでした笑)

次回に向けた反省点

はじめてのカワサキハロウィンで勝手がわかっていないにも関わらず、時間ギリギリに到着したので、着替える場所やカバンを預ける場所などがMAPを見てもいまいち分からず苦労しました。現場のスタッフさんもボランティアの方なのか、質問してもわからないことが多かったです。

パレード直前になると沿道にお客さんが溢れるので通り抜けるだけで一苦労。コスチュームなどは壊れやすい素材なら致命的。ドレス姿の方も裾を踏まれる場合もあるので要注意です。早めに着いて余裕をもって行動したほうがいいです。

撮影も先のほうがいい。パレードの最中はカメラ撮影はしては原則ダメなので(スマホで撮っている方もチラホラいましたが)これも余裕を持って行動していれば、パレード前の明るい時間帯に、たくさんの素敵な仮装の方々と一緒に撮影することができたのになぁーと反省しています。実際、パレード後には息子の背中のアームも一部壊れてしまったので、パレード前に撮影しておくと安心ですね。

あとは食事。近場のレストランはやはり待ち時間が長いので時間を有効に使うなら、飲み物やサンドイッチなど持参しておくべきかと。とくに子供はお腹がすくと機嫌が悪くなるので家族で参戦する方はなにかしら食べ物・お菓子持参で行くとよいと思います。

【川崎ハロウィン 2018】コスプレダイジェスト | Kawasaki Halloween 2018

↑[9:34〜]カメラの前を横切る管理人が数秒間写っている動画を発見。これはパレード開始直前に息子のお腹が空いて機嫌が悪くなったので、急いでカバンの中のお菓子を取りに行って戻ってきたところです。...失礼いたしましたm(_ _)m


【スターウォーズ】ポー・ダメロンのコスプレ衣装の作り方 
親子でスターウォーズの仮装(コスプレ)の巻!! 
どれでジェダる? ライトセーバー(おもちゃ)の仕様比較

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-サイズブログ
-,

PICK UP

Copyright© サイズブログ , 2018 All Rights Reserved.