モバイルアート in TOKYO展

更新日:

 
 
 
行った?
 
 
 
普通、行ってきてから書くんだろうけど、 
管理人はまだ行ってません。 
 
つーのもさ、シャネルに興味ないし、、、 
携帯関連だと思ってたし、、、(恥) 
チケットを予約する必要があるのも知らんかった、、、 
 
 
だいたい、ザハって誰? というくらいだったので、 
はじめは関心なかったんだけど、 
調べているうちに行ってみたくなってきたぞ。 
 
チケットが少し追加ででるみたいなんで、 
なんとか行けたら感想を書こう。 
 
やっぱ、行けないってなると 
行きたくなるもんだねぇ。 
 
 
ヤフオクで買わずに済むといいなぁ。 
(チケットの転売はほんとはダメ。しかも高い)  
 
 
 
ゔぁー 
 
 
 
 
 
 
 
モバイルアート in TOKYO展(MOBILE ART) 
■主催     :シャネル 
■建築家    :ザハ・ハディド(Zaha Hadid) 
■開催期間   :2008年5月31日(土)~7月4日(金) 
■会場     :国立代々木競技場 オリンピックプラザ特設会場 
■観賞時間   :約40分間 
 
パビリオン 
■大きさ    :29m×45m 
■高さ     :6m 
■重さ     :約180t 
■敷地面積   :約700m2 
■パーツ点数  :FRP製パネル(約300枚)、構造部材(約750点) 
■輸送コンテナ数:51 
■建設日数   :4週間(解体:2週間) 
 
 
 
 
 
 
 
正直、いまの時代にこのデザインって 
逆に古くないか? と思うんだけどねー 
っても、UFOっぽいものは好きだから体験してみたいな 
 
さてさて
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-サイズブログ
-

PICK UP

Copyright© サイズブログ , 2018 All Rights Reserved.