ロンドン&パリ旅行

更新日:

Bonjour!

ロンドン&パリへの旅行から帰ってきてますよー
 
6日間の短い期間だったんですが 
天気が良くて良くてネ。ずっーと晴れだったのさ 
これは日頃の行いが良いせいかな笑 
 
 
気温もさ、東京なんかよりぜんぜん寒くないんだよ。心配でホッカイロも持参していったんだけどね、まったく必要なし。昼間歩くときは上着を脱いでいたくらい。そんなわけで景色は素晴しいし気分は最高。 
 
にしても東京は寒い。あいかわらず寒い、、 
 
 
 
今回の旅行はツアーだったんだけど、自由行動も多いし、いろいろ回れてちょうど良かった。つか、自由行動のときにタイトなスケジュールで走りまわったからさ、管理人もカノジョも足が疲れまして、今回はやりきった感じです。  
 
 
 
 
 
まずはロンドンの話っ! 
 
 
夕方にホテルに到着したので、その日は近くのスーパーへ行ったのみ。着いたばっかりだからさ、ロンドンバスが走ってるだけでも感動。 
 
 
早速パチリッ。ブレた~ 
 
 
翌朝、時差の関係で朝早くに目覚める。 
 
 
早朝、部屋の窓からの眺め 
 
 
 
朝食後、ロンドン市内をバスで簡単に観光して、有名な大英博物館へ~ 
 
とても広いので、すべて見れたわけじゃないんですが、ロゼッタ・ストーンやら、ミイラやらとみれただけでも十分。すごいものばかりがこれでもかと置いてあるのでね。じっくり見てたら数日はかかりそうです。 
 
 
有名な赤毛のミイラ「ジンジャー」さん 
 
 
 
石像とか本物なのにガラスケースなしで展示。 
さわろうと思えばさわれちゃうけどダメ!
 
 
 
 
 
 
大英博物館のあとは、バッキンガム宮殿で衛兵さんの行進を見物。 
 
 
あたまにマッチ帽みたいな帽子をかぶってます。 
見れない日もあるので今日はラッキー! 
 
 
  
 
んで、ランチ。 
意外にうまかった「フィッシュ&チップス」と 
とてつもなく甘いチョコケーキをなんとか食してと、、、 
 
 
 
 
 
 
の後は自由行動タ~イム!! 
 
午後2時半くらいからの自由行動で、 
 
ロンドン塔 → テート・モダン → ロンドン・アイ  
の順に回ろうと直前に決め、ロンドン三越の地下1階にある、My Bus(マイバス)さんでチケットを購入。ちょうどロンドン塔は割引中だったし、ロンドン・アイはツアーなので団体割引きになり安くあがりました。テート・モダンは無料だしね。 
 
 
そして、お土産を買おうと店内をウロチョロしてるカノジョをせかし(少しカノジョは不機嫌になりましたが汗)しゃーない。土産選びで時間を浪費するのはもったいないやい。 
 
地下鉄に乗ってまずはロンドン塔へ~ 
 
*ロンドンは地下鉄&バスに1日乗り放題という1DAYトラベルカードが駅で売ってますのでコレを購入。とっても便利!観光客にはもってこい。OFF-PERKだったので、お値段5.3ポンドなり。(朝の9時半以降に購入するとOFF-PERK値段で買えます) 
 
 
どこも最終入場時間ギリギリだったなぁ。 
途中で電車を降り過ごすというミスもあったしね。 
(文字どおり走り回りました) 
   
   
ロンドン塔では世界第2位の大きさを誇るダイヤ、偉大なアフリカの星を観賞(530.20カラット) ここは撮影不可でした。 
世界最大のダイヤモンド☆ランキング 
 
 
そして、こんな忙しいときでもラッキーなことにロンドン塔からすぐ近くの有名な跳ね橋、「タワー・ブリッジ」が開くところもみれました。 
 
 
 
 
 
 
さらに、なにを展示してるかわからなかったけど、 
アート関連ということで行ってみたテート・モダンでは、、 
素晴しい作品が管理人を待っていました!!! 
 
 
 
       
 
この作品 
 
ひとめ見て思い出しました。じつは数カ月前にデザイン雑誌を本屋で立ち読みしたときにスゲーなー と思っていた作品だったんです! 
 
その作品とはテート・モダンの特徴でもある、タービンホールと呼ばれる広い空間の床を削って作った『ヒビ』。題名は『シボレス(Shibboleth)』アーティストはドリス・サルセド(Doris Salcedo) さん 
 
 
うれしかったので調子にのり、大の字に寝てみたのが3枚目の写真。 
 
 
作品の写真をもっと見たい方は 
テート・モダンのHPへ→ コチラ 
 
↓2000年~2007年の作品 
タービンホール[TURBINE HALL]by Tate Modern
 
 
 
外国のどっかにあるんだろーと思っていた作品を実際にみることができた!なんという偶然。 
 
あとで知ったんだけど、この作品は人種差別を表現していて、最終的にこのヒビを埋めることにより完成するものらしいです。その埋める期日ってのが2008年4月というからね。間に合ってよかったーと思う今日この頃です。ホントうれしかったなぁ。これだけでもロンドンに来たかいがあったと感じたね。 
 
 
 
↑ちなみにテート・モダンで購入したものはカノジョが買った消しゴムひとつ。時間が惜しいので管理人は作品をみてました~。  
 
 
 
また、テート・モダンを出た後にみえる夜景も素晴しい。ふだんは綺麗なんて言葉あてはまるものがなかったんだけど、 
 
 
 
ここからみえる夜景は綺麗。 
 
 
 
 
右の橋はミレニアム・ブリッジ。 
川の向こうに見えるはセント・ポール大聖堂。
 
 
 
つかのまだけど最高のひととき。 
(でも、ロンドン・アイへ急ぎます。時間がない!)笑 
 
 
 
 
 
め切り7分前にロンドン・アイに到着! 
 
係りの方にチケットを渡すと何やらチケットをみて考えてるようだったので、んっ 団体割引なのがまずいのか? と少し心配になりましたが結局OKで一安心。 
 
テート・モダンの時点で夜景はおなかいっぱいでしたが、ロンドン・アイから観た景色もさすがに良かった。行くなら夜がいいと教えてくれたツアーガイドさん、ありがとー! 
 
 
平日の夜はすいているのか時間がギリギリだったからか、25人乗車できる大きいカプセルに管理人とカノジョの他3名。合計5人乗車。広いカプセル内でいろいろな位置から夜景を眺められました。 
 
 
じつはロンドン・アイに乗車中にビデオのバッテリーがカラに。そして、後を追うようにデジカメのバッテリーもカラに、、、 
 
頂上まで回ったあとなのでまあ許そう。最後はバッテリーを暖めたりして何枚かシャッターが切れたし、よく頑張りました。 あとはこの両目に記録しておいたぜ。 
 
 
      
↑何枚か撮影できたカット。未来的! 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうそう、 
 
今回の旅行の当初の目的はロンドン・アイだったんだからということで、こまごまとグッズを買ってきましたよ~。 
 
 
■其の一 
 
 
 
ブルーライトペン。ピカッ! 
お値段4.95ポンド。
 
 
 
 
■其の二 
 
チョコ。見映えいいし土産にオススメ。 
値段も安い。2.95ポンド。
 
 
 
 
■其の三 
 
なんでフリスビー。観覧車も丸いからか(笑) 
これも安い。1.95ポンド。赤色もあり。
 
 
 
 
 
 
 
次はパリの話です 
 
 
 
 
パリにて 其の一

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-サイズブログ
-

PICK UP

Copyright© サイズブログ , 2018 All Rights Reserved.